ビルが建つまでの流れ

  1. 基礎配筋

    ①基礎配筋

    杭基礎・独立基礎など様々な基礎の種類がありますが、基礎は建物の一番重要な部分です。図面に従い、本数およびスターラップのピッチを確認し、配置します。首都圏の建物を施工するわけですから、鉄筋業者としては責任が重大です。

  2. 一般階梁配筋

    ②一般階梁配筋

    施工図をもとに、鉄筋を取りつけていきます。 長さも重さもある鉄筋を配筋する際には、特に安全性を重視して、手元・足元がはさまれないよう注意して作業することが求められます。

  3. 一般階スラブ配筋

    ③一般階スラブ配筋

    建物の床部分となる床スラブ。四辺を梁で囲む場合が多いですが、建物によって三辺固定スラブ、両端固定スラブ、片持スラブなども使い分けながら配筋します。

  4. 一般階柱配筋

    ④一般階柱配筋

    続いては柱配筋工事です。高層ビルでの鉄筋工事も多く手がけてきましたが、大規模な建物の場合はスタッフ同士で声をかけながら職人としての責任を持って慎重に進めていきます。

  5. 一般階壁配筋

    ⑤一般階壁配筋

    マンションなどの間仕切りや外壁の工事となります。②~⑤を繰り返すことで完成します。

  6. 完成

    ⑥完成

    KMRでは、①~⑤までを繰り返すなかで自主的に配筋検査を行なっています。最後は、ゼネコンや国の検査をクリアして「完成」となります。